給料を上げながら活躍する道を見いだせた薬剤師の離島への転職

離島医療における薬剤師の募集

病院勤務の薬剤師として長年働いてきて、どの仕事も人並み以上にはできるようになりました。
このスキルを生かして何か別のことができるのではないかと考えるようになると、同時に気にかかり始めたのが給料です。
勤続年数が増えてきたことで少しずつ増えてきているものの、同世代の友人に比べるとやや劣るという状態になってしまいました。
働き始めた頃は同世代よりもずっと高い給料だったことを考えると少し不満があるのは確かです。
せっかくスキルも高まってきたのだから、これを生かして転職しようと考えるようになりましたが、そのときに具体的な案があったわけではありません。
他の病院で働けばより良い待遇になるかもしれないと考えて、休日の時間があるときに他の病院からの求人募集について眺めるようになりました。
どの病院で働いたとしても今より良い待遇はなかなかないということもわかりましたが、そこでふと目についたものがあったのが転職に乗り出したきっかけです。
見つけることができたのは離島医療における薬剤師の募集でした。
正確に言えば、離島医療を担っている病院からの求人募集です。
その内容を見てわかったのが離島医療に携わっている薬剤師は少なくて確保が急務になっているということでした。
そして、給料が非常に高く、それまでよりも200万円近く年収が上がる計算になります。
そうでありながら、待遇も恐ろしいほどに良くて、引越し費用から居宅の手配といった何から何までをカバーしてくれるというものでした。
確かに日本では医療の格差が問題となっていますが、それほどまでに離島での医療が問題になっているとは気づいていなかったのです。
この求人を見たことによって、これこそ自分が活躍する舞台かもしれないと感じて詳細を問い合わせてみることにしました。
話を聞く限りでは一般的な調剤業務を行う仕事であって、それほど特別な印象を受けませんでした。
ただ、状況に応じて一人で判断できなければならないことが多いことからベテランであることが望ましいという話を聞き、まさに自分が適任だと感じました。

離島医療における薬剤師の募集薬剤師にとってやりがいのある仕事

薬剤師求人薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師転職で後悔しないための情報サイト

薬剤師のアルバイトを見つけて転職しました

手に職をつけたほうが将来的に安心だと考えて、薬学部を受験することにしました。
私が大学受験をする頃は、日本のメディアが頻繁に不景気であることを報道していたこともあり、自分と同じように将来の安定性を考えた学生が多かったようで、薬学部はかなり高い倍率になっていました。
しかし必死に勉強したおかげで、志望していた大学の薬学部に入学することができました。
入学する前は、これで薬剤師の資格を取得できると簡単に考えていましたが、入学してみると大学受験をしたときよりもさらにハードな勉強の日々が待っていました。
他の学部の学生が、学生らしく遊んでいる様子を見ながら、自分はレポートを書いたりテスト勉強をするなど、大学に入学してからもこれほど勉強をしなければならないとは想像だにしていませんでした。
在籍していた薬学部が他の大学に比べて、教育に熱心だということは後から知りましたが、そのおかげで大学卒業前に受けた薬剤師の国家資格には一発で合格することができました。
それによって就職する時にも資格があることをアピールすることができ、大手化粧品メーカーの研究員として採用されることになりました。
研究員として働くことは大きな夢でもあったので嬉しかったですし、化粧品は大好きなのでその開発に携われるのは嬉しいと感じました。
しかしやはり夢と現実には違うところがあって、働いてみると雑用が多くて、開発に携わることができるのはほんの一握りだということがわかりました。
ただ雑用といっても、データ分析などやりがいのある仕事でしたし、給料も良かったので満足していました。
大企業の社員ですから、このまま定年まで働くことができればいいと願っていましたが、途中で他の会社から引き抜かれてきた上司と、性格が合わなくてストレスを感じるようになりました。
それまでは、ほのぼのとした雰囲気があった社内でしたが、実力至上主義の上司が来てからは殺伐とした雰囲気になりました。
自分のように感じた社員は想像していたよりも多かったようで、途中退社をする人も増えて、信頼していた2つ年上の女性社員まで辞めることにしたと教えてもらったときは、自分も会社を辞めたいと考えるようになりました。
一度でも会社を辞めたいと感じると、仕事に行くことが苦痛でしょうがなくなり、自分が何のために働いているのかと考え込むようになりました。
親や友人からもさいきん元気がなさそうだと指摘されるようになり、はた目から見ても落ち込んでいるように見られるのであれば、よほどのことだと考えるようになりました。
無理に嫌なところで働くよりも、給料や待遇が今より悪くなっても気持ちが楽なほうがいいのではないかと転職を考えるようになりました。
新しい勤め先がないのに、会社を辞めるほど無謀ではない自分の性格があったので、それからは転職先を必死になって探すようになりました。
そんな時、新聞の折り込みちらしに求人冊子が入っていて。
そこに地元の市民病院に併設されている調剤薬局で薬剤師のアルバイトを募集しているのを見つけました。
最初はアルバイトであっても、途中から正社員として登用ありということが記載されていたので、応募してみることにしました。
地元の病院なら家から通いやすいですし、アルバイトといっても給料が納得できるほどだったので、転職したいと考えたからです。
応募をしてみるとすぐに面接を受けさせてもらうことができ、数日後にアルバイトとして雇ってもらえることになりました。
そこですぐに、今まで勤めていた会社を退職する手続きをして、残っていた有給休暇を最大限に使って、引き継ぎをした後は休むことにしました。
大学を卒業してから、休まずにずっと働いてきたので、アルバイトとして働くまではゆっくり休むことにしました。